PubSubHubbubの設定方法!WebSubの方で合ってる?

PubSubHubbubの設定方法と使い方

この記事では、PubSubHubbubの設定方法について解説します。

厳密には、WebSubの設定方法と言うべきかもしれませんね。

 

PubSubHubbubはWebSubに改名?!

なんとも読み方に悩むこのプラグインですが、プラグインの新規追加画面で検索すると、「WebSub/PubSubHubbub」という名前が出てきます。

え?これでいいのかな?

と不安になった方もいると思いますが、結論から言うとこれで大丈夫です。

ただでさえ長かった名前が更に長くなっているように感じますが、逆にかなり短く、そして読みやすくなったのです。

正式には、プラグイン名は「WebSub/PubSubHubbub」ではなく、「WebSub」になりました。

公式にも、

WebSub was previously known as PubSubHubbub.

訳:WebSubはかつてPubSubHubbubとして知られていました。

 

と書いてあります。

公式サイトによると、2016年11月8日に改名したようです。

それによると、現在のハイレベルなWebSubプロトコルの以前のバージョンはPubSubHubbubだと書いてあるので、バージョンアップを機に改名したようです。

きっと、読みにくいというクレームが多々あったのと、プラグインとして優秀だったので、同じ名前をつけた類似コンテンツが増えてしまったからでしょう…(根拠のない予想)。

 

WebSub/PubSubHubbubとは

公式ページには、「このプラグインは、ブログが更新されたときにリアルタイムで人々に…」と説明されていますが、要はインデックススピードを高めてくれるプラグインです。

インデックススピードは非常に重要で、特に始めたての頃は、ブログを更新した時間と検索結果に現れる時間には大きなタイムラグがあると思ってください。

それを少しでも早めてくれるのがこのプラグインというわけです。

非常に大切なことですので、必ずインストールしましょう。

 

WebSub/PubSubHubbubの設定方法

WebSub/PubSubHubbubには、設定が必要ありません。

ただインストールして有効化するだけで効果を発揮します。

有効化のやりかたがわかる方は、この先は読まずにインストールを済ませてしまって大丈夫です。

 

WebSub/PubSubHubbubのインストール方法

管理画面のメニューから、「プラグイン」「新規追加」を選択します。

 

次の画面で、検索窓にWebSub/PubSubHubbubと入力してください。

ちなみに、WebSubでもPubSubHubbubでも一番目に表示されます。

PubSubHubbubと検索 websubと検索

 

しかし、PubSubHubbubと検索すると、何やら怪しいプラグインも表示されますので、選択を間違えないように注意しましょう。

名前の似ているプラグインに注意(WP PubSubHubbub)

一番目に表示されている「WebSub/PubSubHubbub」「今すぐインストール」します。

インストールが完了したら「有効化」です。

これで、設定をしなくても効果を発揮してくれます。

助かりますよね。

このプラグインに関しては以上です。

お疲れ様でした!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

UpdraftPlusとGoogle driveの連携が簡単に

UpdraftPlusのGoogleドライブバックアップが簡単に!

WordPressの初期設定

WordPressの初期設定

WordPress Popular Postsの設定と使い方

WordPress Popular Postsの使い方

Google XML Sitemapsの設定と使い方

Google XML Sitemapsの設定と使い方

WordPress Ping Optimizer設定方法

WordPress Ping Optimizerの設定方法(コピペだけでは送れま...

Akismetの設定方法

Akismetの設定方法と使い方