質の高い記事を短時間で書く方法

質の高い記事を短時間で書く方法

この記事では、質の高い記事を短時間で書く方法ついて解説しています。

  • 「PCの前に座ったはいいが、書き始められない」
  • 「リサーチに時間をかけ過ぎてしまい、記事作成が終わらない」
  • 「次から次へと書けるんだけど、いい記事だとは思えない」

こんな悩みのある方は、参考になると思います。
なぜなら、私自身がこれらの状態を上から順番に経験してきたからです。

私がこれらの状態を脱することができたのは、記事作成におけるある重要なコツをマスターすることができたからです。

マスターしたといっても、習得に時間のかかるスキルではありません。
誰でも簡単に、今からでも使うことができるスキルです。

 

質の高い記事を短時間で書くための取り組み

まず、質の高い記事を短時間で書くための準備について解説します。

いきなり書き始めた文章が納得のいく完成度に書き上がることは、めったにありません。

しっかりとしたコンテンツを作っている人ほど、徹底して準備をしています。

準備をするとその分時間がかかると主張する方もいますが、私の経験上、準備をしておいた方が早く仕上がります。

なぜなら、準備をせずに書き始めると、書きながら迷走してしまい、ゴールに着地するのが難しくなるからです。

そうなると、せっかく書いた文章を初めからやり直すことになってしまいかねません。

そうならないためにも、ひと手間かけて準備をしておきましょう。

型を用意する

私たちは文章を書くとき、浮かんだ言葉を紡ぐように言葉をタイプしていきますが、残念ながらそれだけで良質な文章は書けません。

優れた文章には型があります。

最も馴染みのある型は、おそらく起承転結でしょう。
しかし、起承転結はオススメしません。
なぜなら、起承転結は物語の型であり、記事の型ではないからです。

記事の型でオススメなのは、「序論・本論・結論」という型です。
噛み砕いて言うと、「前置き・メイントピック・まとめ」です。

記事の構成は前置き・メイントピック・まとめ

さらに、メイントピックの中の見出しまで決めておきましょう。
そうすることで、テーマから外れずに文章を組み立てていくことができます。

見出しの設定

 

質問シートを用意する

記事テーマに関して、漠然とリサーチを行ってはいけません。

事前に質問シートを用意しておきましょう。
質問シートを用意することによって、無駄なリサーチを省くことができます。

質問シートには最低限、以下の項目を入れておきます。

  • 記事タイトル
  • 誰にメッセージを届けたいのか
  • どんな価値を与えたいのか(どんな悩み・疑問を解決したいのか)

これらの質問に事前に答えておくと、記事内容がブレることがありません。
たとえば、この記事の場合だと以下のようになります。

  • 質の高い記事を短時間で書く方法
  • 良い記事が書けなくて困っている初心者から中級者、記事作成に時間がかかり悩んでいる初心者から中級者
  • 「手が動かない」「リサーチしすぎる」「書いたものの質が低い」という3つの状態に対する解決策を与え、短時間で優良な記事が書けるようになってもらいたい。また、「これならやれるかも!」と前向きな気持になることで、日常的に感じている「記事作成がつらい」という悩みをなくしてあげたい。

また、各見出しに関しても事前に質問を作っておくと楽です。

  • この見出しの本文で伝えたいことは何か
  • この見出しの本文を書き上げるのに必要な情報は何か

これらは抽象的な質問ですが、もっと具体的な質問を用意するとさらに効果的です。たとえば、最近出たばかりのスマホアプリに関する記事を書くとして

  • 無料版と有料版の違いは何か
  • ダウンロードキャンペーンはいつまでか
  • キャンペーン後どうなるのか
  • キャンペーン中に利用するとどれくらいおトクなのか
  • 同じジャンルのアプリにはどんなものがあるのか
  • 同じジャンルのアプリでランキングするとどうなるか
  • このアプリの独自の強みは何か
  • どんな悩みが解決されるのか
  • どんな人にオススメなのか
  • アプリなしで済ませる方法はあるか

などの質問をします。

ただし、たくさん質問すればいいというものではありません。

たとえば、今回のキーワードが「◯◯ 評判」だったとすると、検索者のニーズはおそらく「◯◯をダウンロードする価値があるか判断したい」や、それに近いものでしょう。

そのニーズを満たすために必要な質問を投げかけてください。

逆に、質問が思い浮かばないという人もいると思います。

こういった質問の引き出しを増やすには、他の上位表示されているブログを研究することをオススメします。

他のブログを勉強のつもりで見ていくと、さまざまな切り口を見つけることができます。

是非取り組んでみてください。

※同じネタで書いている記事を研究し過ぎると、同じような記事しか書けなくなる人もいます。なるべく無関係なネタで勉強しましょう。

 

記事を書く

ここからは、準備をもとに記事を書いていく工程について解説します。

積極的に下手な文章を書く

積極的に下手な文章を書くことは大切なことです。

特に、なかなか手が進まないという方は意識して下手な文章を書いてください。

なぜかというと、いきなり上手な文書を書こうとすると誰でも手が止まってしまうからです。

だからまずは上に挙げた型やフォーマットの中で、書きたいことをダーッと書いていきましょう。

下手でリズムが悪くてたまに意味の間違っている言葉が出てくるような文章が書けたら合格です。

 

大規模な編集をする

次は、書いた文章をバサッと編集していきます。
このとき、以下の箇所に気をつけましょう。

  • 不要な箇所は思い切って削除する
  • 違和感を感じる部分は削除する
  • 記事テーマに関係ない箇所を削除する
  • 読みやすいように段落や改行を整える
  • 箇条書きを活用する

たとえば、「良い文章を書くコツ」という記事タイトルの前書きが以下の文章だとどうですか。

今日は良い文章を書くコツ(難しいと思われがちですが)についてお伝えするためにこの記事を書いています。

途中「ん?」と疑問に思うところがあったとしても、最後まで読んでいただければ必ず納得していただけると思います。
貴重な情報ですから、最後まで読まずにやめてしまうのはもったいないです。

みなさんには是非このコツをマスターしていただいて、良い文章が書けるようになっていただければと思います。

見るサイトを間違えたと思ってしまいますよね(笑)

2段落目は、書き手の自信のなさが表れただけであって、読者にとって必要な情報ではありません。
良い文章を書くコツを補足するような情報でもありません。

こういった文章は思い切って削除しましょう。
文字数は稼げますが、離脱率が上がります。
訪問者がシェアしたいと思うこともないでしょう。

今日はみなさんに「良い文章を書く3つのコツ」をお伝えするためにこの記事を書いています。

みなさんにはこのコツをマスターしていただいて、良い文章が書けるようになっていただければと思います。

これだけの方がスッキリしますし、次に読み進めようと思います。

 

細かい編集をする

全体的にまとまったら、次は細かい言葉遣いを直していきます。

  • 過度に膨らみすぎた余分な表現を削除してすっきりさせる
  • 記事の中でわかりきったことを書いている箇所を削除する
  • 主語と述語を近づける(私は、月明かりがきれいな夜に家を出た。→月明かりがきれいな夜に、私は家を出た。)
  • 修飾語と被修飾語を近づける(きっと昨日の行動には、ワケがある。→昨日の行動には、きっとワケがある。)
  • 修飾語が2つあるときには、短い方をあとにする(最高の私の思いがすべて詰まった料理→私の思いが全て詰まった最高の料理)

正直、時間がないときは私も細かい編集はサボることがあります。

しかし、やっておくと非常に読みやすい文章になります。

 

まとめ

ここまでのポイントをまとめておきます。
まず準備は

<準備>

  • 「前置き・メイントピック・まとめ」の型を用意する
  • 記事を書くために必要な質問シートを用意する

そして記事執筆は

<記事執筆>

  • 積極的に下手な文章を書いていく
  • 全体を整えるために、バッサリと編集する
  • 細かい修正を行い、読みやすい記事に仕上げる

です!

これらをうまく活用して、記事のライティングスキルを上げていきましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

新規記事の投稿方法

WordPressで新規記事を投稿する方法

初心者でも簡単にできるSEO

アドセンスブログで収入を得るための初心者向けSEO

SEOに強い記事タイトルのつけ方

SEOに強い記事タイトルのつけ方

WordPressの初期設定

WordPressの初期設定

人生を楽しく過ごすために、死に物狂いで頑張る

WP QUADSでアドセンスをかんたんに設置

WP QUADSの使い方とアドセンス広告の設置