EWWW Image Optimizerの設定と使い方

この記事では、EWWW Image Optimizerの設定と使い方について解説します。

2017年8月現在、最新の内容となっています。

 

EWWW Image Optimizerとは

EWWW Image Optimizerは、画像の最適化によってページスピード(表示速度)を向上させる必要不可欠なプラグインです。

Googleはいろいろな要素でウェブサイトの評価を行っていますが、その中のひとつに表示速度(読み込みにどれくらい時間がかかるか)があります。

表示速度が上がれば、Googleからの評価が上がり上位表示しやすくなります。

そして、コンバージョン率やクリック率も上がります。

みなさんも、興味をひかれる記事をクリックしてみたものの、ページが重くなかなか開かないので途中で閉じてしまったという経験はありませんか?

めちゃくちゃもったいないですよね。

ターゲット設定やキーワード選定が完璧でも、読み込みが遅いという理由で読んでもらえないのです。

そう考えると、表示速度って大事です。

EWWW Image Optimizerは、これからアップロードする画像だけでなく、これまでの画像も簡単な操作で最適化できますので、入れない手はありません。

 

それでは本題に入ります!

 

EWWW Image Optimizerのインストールと設定

このプラグインは設定が簡単です。

楽に行きましょう!

 

インストールと有効化

他のプラグインと同じように、「プラグイン」「新規追加」をクリックします。

プラグインの新規追加を選択

次の画面の右側に検索窓がありますので、そこで「EWWW Image Optimizer」と検索します。

EWWW Image Optimizerと検索

「EWWW Image Optimizer Cloud」ではなく、そのままの名前の方です。

インストールが完了したら、インストールボタンが有効化ボタンに変わりますので、有効化しておきましょう。

 

EWWW Image Optimizerの設定

まず、インストール済みプラグインからEWWW Image Optimizerを見つけ出し、「設定」クリックします。

EWWW Image Optimizerの設定をクリック

これで、設定画面が開きます。

 

しかし、このプラグインには設定はほとんど必要ありません。

デフォルトの設定のままで十分に威力を発揮します。

 

基本設定

基本設定は下の画像のように設定します。(デフォルトのままです)

EWWW Image Optimizer基本設定
  • Cloud optimizationのAPIキー:スルー
  • デバック:チェックしない
  • メタデータを削除:チェックする
  • JPG最適化レベル:ロスレス圧縮
  • PNG最適化レベル:ロスレス圧縮
  • GIF最適化レベル:ロスレス圧縮
  • PDF最適化レベル:無圧縮
  • バックアップ元:チェックしない

ここまで設定したら、次のタブへ行きます。

 

高度な設定

高度な設定も全く変更点はありません。

EWWW Image Optimizer高度な設定

このままどこもチェックせずに使って大丈夫です。

一番上のJPG画質レベルを落とせばさらなる軽量化が期待できますが、デフォルトで十分です。(デフォルトは82です)

 

Resize Settings

ここでは画像圧縮のさらに細かい点を設定することができます。

しかし、基本的に設定は必要ありません。

EWWW Image Optimizer Resize Settings

デフォルトのままで大丈夫です。

 

変換設定

一番上の「コンバージョンリンクを非表示」だけチェックを入れます。

EWWW Image Optimizer変換設定

 

WebP設定

ここも一切変更なしです。

EWWW Image Optimizer WebP設定

むしろここは下手にいじると事故を起こすところなので、触れない方がいいです。

ここまでできたら、(と言っても1箇所だけですが)「変更を保存」をクリックします。

これで設定はおしまいです。

 

EWWW Image Optimizerの使い方(一括最適化)

使い方も非常に簡単です。

まず管理画面の左側のメニューから、「メディア」「一括最適化」をクリックします。

メディアの一括最適化をクリック

すると、以下のような画面になりますので、「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。

最適化されていない画像をスキャンする

 

下の画像のように、「◯◯個の画像の最適化の準備が完了しました。」と表示されたら「最適化を開始」をクリックします。

最適化を開始をクリック

 

もし、「最適化するための画像がありません。」と表示されたら、画像の圧縮はすでに完璧だということです。

最適化を開始すると、このような画面になります。

一括最適化進行中

画像の量にも寄りますが、少ないと数秒で終わります。

一括最適化完了

そしてこのようにずら~っと最適化された結果が表示されます。

私が最適化を試みたブログの場合、最大で85%圧縮された画像もありました。

想像以上にガンガン圧縮してくれるので、積極的に利用して、表示速度の向上を図りましょう!

今回は以上です。

みなさんのお役に立てれば幸いです^^

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

WordPressテーマのインストール方法と削除方法

ワードプレステーマをインストールそして削除する方法

autoptimizeの設定と使い方

Autoptimizeの設定方法

UpdraftPlusとGoogle driveの連携が簡単に

UpdraftPlusのGoogleドライブバックアップが簡単に!

TinyMCE Advancedの設定と使い方

TinyMCE Advancedの設定と使い方

Google AnalyticsをWordPressに設置する方法

WordPressへのGoogle Analyticsの設置方法

WordPressをSearch Consoleに登録する方法

WordPressをSearch Consoleに登録する方法