アドセンスブログで収入を得るための初心者向けSEO

初心者でも簡単にできるSEO

ネットビジネス初心者さんにとっては、上位表示とかSEOって言われても何のことかさっぱりですよね。

今回は、SEOをなるべく簡単に噛み砕き、中でも難易度の低いものを取り上げることによって、初心者さんにも自信を持って取り組んでいただくことが目的です。

それでは行きますよ!

SEOとは

「SEOとは」なんて語るのは少し恥ずかしい感じがあります。

なぜなら、私はSEOの専門家ではないからです。
正直、「SEO」とか「上位表示のコツ」なんて、上から語れるものではないなと感じています。

しかし、私はこれまで自分のブログを上位表示してアフィリエイト報酬を得てきましたし、その経験から特化ブログのコンサルを行ってきました。

また、コンサル生が自分のブログを上位表示する経験にも恵まれました。
もちろん、そのほとんどはコンサル生の努力の賜物であって、私のアドバイスが優れていたからではないと思っています。

私がコンサル生を持つことができたのも、私がSEOの専門家だからではなく、ただ他の人よりもほんの少しだけ先に結果を出していたからです。

現に、私は今でも勉強中の身です。

そんな私が書くSEOの記事ですから、内容も簡単ですし、専門的な話も出てきません。ですから、本気でSEOの勉強をしている人には物足りないと思います。

しかし、これからブログを始める人の役に立つことはできると思います。

前置きが長くなりましたが、まずは下の概要をざっくりと読んでみてください。
SEOのイメージが湧けば十分ですので、「ふ~ん」程度で大丈夫ですよ^^

SEOの概要

SEOは、Search Engine Optimizationの略で、日本語では検索エンジン最適化といいます。

SEOの意味は、郷に入っては郷に従えと言いますか、GoogleでブログやるならGoogleに従えということです。

Googleの仕事は、ユーザー(検索する人)のニーズを満たすような検索結果を表示させることです。

たとえば、「iPhone リセット 方法」で検索したときに、iPhoneをリセットする方法についての良質な記事を上位表示させるのが仕事です。

検索結果の上から順番に記事を読んでみても良い記事がないとしたら、Googleが仕事をサボっているか、上質な記事が存在しないということです。(ほぼ間違いなく後者です)

ただ、少し考えて欲しいのですが、1日に一体どれくらいの記事がアップロードされるのでしょう?

数万?数十万?…私も詳しくは知りませんが、人間が目視で確認してどの記事が良質か判断できる数ではないでしょう。

そこで、Googleは独自のアルゴリズムを使って、コンピュータが記事やサイトを判断しています。

しかし、機械的にサイトの質を判断するのはとても難しいことです。

ですから、昔はわかりやすく被リンクの数などで判断されていました。

つまり、複数のサイトから紹介されているサイトだからすばらしいサイトに違いないという考え方です。

ところが、このアルゴリズムは悪用されてしまい、リンクのために中身のないサイトを大量に立ち上げるという手法によって、質の悪いサイトまで上位に表示されるようになってしまいました。

見かねたGoogleはアルゴリズムの改良を重ね、最近ではついにこういった邪道な方法で上表示することはできなくなりました。

こう書くと、被リンクが悪者のように見えるかもしれませんが、そうではありません。被リンクがあることは立派なことです。

ダメなのは、自作自演の被リンクや、被リンクの購入です。
自然発生した被リンクであれば、評価されます。
中でも、権威性の高いサイトからの被リンクは高評価だと言われています。

このような外の力を借りてブログのパワーを高めることを「外部対策」といいます。

一方で、自分の力でできること、たとえばコンテンツの質を良くしたり、訪問者が見やすいサイトデザインに整えたりすることを「内部対策」といいます。

現在では、内部対策により重点を置くべきだとされています。

その結果、Google(検索エンジン)から最適だと判断され、検索結果の上位に表示されるようになります。

初心者がSEOに取り組むときの心構え

SEOに関しては、明確な正解がわからないことが多いです。

SEO対策を始めると、ひとつの対策に対して全く逆の意見を目にする機会があると思います。

悩む男性

そんなとき、真面目な人ほど「どっちなんだよ!」と頭を抱えてしまうかもしれませんが、「どっちでも大丈夫なんだな」「致命的な問題ではないんだな」という軽い気持ちで取り組むことをオススメします。

「どっちのスタンスで対策すればいいかわからなくて先に進めません」

という状態が一番危険です。

気持ちはわかりますが、安心してください。

私も体験したことがありますが、上位表示したあとで、「え?そうなの?!」と、自分のSEO対策が間違っていたことを知ることがあります。

ということは、それでも上位表示できるんです。

あまり神経質にならず、昨日より0.1%でも良いサイトになったらOK!くらいの心の余裕を持って取り組みましょう。

簡単にできるSEO

ここからは、初心者でも簡単にできるSEO対策についてまとめていきます。

SEOに強い記事タイトル戦略

記事タイトルに目的のキーワードを入れることは、とても重要です。

最近のGoogleは、記事本文の質を以前よりも正確に判断できるようになりました。

とはいえ、まだ完璧とはいえないようです。

良質なコンテンツ(記事本文)を作ることが最重要項目ですが、タイトルにもキーワードを含ませて、検索エンジンと検索ユーザーにアピールしましょう。

タイトルのつけ方に関しては、下の記事で詳細に案内しています。

SEOに強い記事タイトルのつけ方
この記事では、SEOを考慮した記事タイトルのつけ方について解説します。 記事のタイトルは、何でもいいというものではありません。 むしろ、タイ...

良質な記事を書く

最重要項目です。

いくら素晴らしいタイトルを作っても、中身がペラペラだとGoogleは評価してくれません。

訪問者目線の有益な記事を書きましょう。

記事の書き方については、下の記事が参考になると思います。

質の高い記事を短時間で書く方法
この記事では、質の高い記事を短時間で書く方法ついて解説しています。 「PCの前に座ったはいいが、書き始められない」 「リサーチに...

All in One SEO Packを設定する

初心者でも最低限取り組んだほうがいいことに、All in One SEO Packというプラグインの導入があります。

インストールして適切な設定をすれば、SEOに大きな効果を発揮します。

このプラグインの設定方法については下の記事にまとめてあるので、参考にしてみてください。

All in One SEO Packの設定方法
この記事では、All in One SEO Packのインストールと設定方法について解説します。 ※本記事は、2017年8月7日時点で最新の内...

効果的なメタデータ(descriptions)を書く

聞きなれない言葉が出てきたと思いますので、まず画像で理解してもらいます。

スニペットの場所の解説この画像は、「ダイエット 運動」で検索したときに出てきた検索結果のひとつです。

赤枠で囲った部分をスニペットといい、記事の概要にふさわしい部分が本文中から自動抽出されます。

スニペット:検索の一部としてタイトルの下に表示される説明文

descriptionを書けば、記事中からの自動抽出ではなく、descriptionに書いたことをスニペットに表示させることができます。(記事ごとに書きます)

では、どうやって書くのかというと、descriptionsはAll in One SEO Packで書くのが簡単です。

プラグインをインストールしてあれば、新規投稿の記事を書くスペースの下に以下のようなスペースがあります。

スニペットにdescriptionを表示させるディスクリプションに記事の概要を書けば、それがスニペットに表示されます。

ここに書かれた単語は、検索した言葉に反応して太字で表示されます。

スニペットの中で太字になるキーワードですから、適宜キーワードを折り込んでみるのもひとつの手です。

ただし、同じキーワードは2つまでにしてください。
何度も使うとスパム判定を受ける可能性があるとGoogleが公表しています。

また、ここに書く内容は、本文の概要です。
本文で触れていない情報を書くことも禁止されていますので、注意しましょう。

文字数としては、スマホのことを考えて50字前後までにしましょう。

PCでは100字強まで表示されますが、その場合でも、重要な情報は前半の50字に入るように書いてください。

WordPressテーマを利用する

初心者の場合、できれば有料のテーマを使ってください。

無料の場合、SEOに強い状態にするのに知識が必要になります。
もし無料でスタートするなら、Simplicityがオススメです。

Simplicityをインストールする方法は下の記事で案内しています。

WordPressテーマのインストール方法と削除方法
この記事では、ワードプレステーマをインストールする方法、そして削除する方法について解説します。 ワードプレステーマとは ワードプレステー...

サイトマップを作成する

サイトマップを作成することによって、Googleはより正確にそのサイトの構造を把握できるようになります。

しかし、サイトマップを作成しろと言われても初心者さんにはハードルが高めです。

そこで、簡単に作成してくれるプラグインを使いましょう。

Google XML Sitemapsを使えば、自動的にサイトマップが生成されるので初心者でもクローラー想いのサイトを作ることができます。

Google XML Sitemapsの設定と使い方
この記事では、Google XML Sitemapsの設定と使い方について解説します。 2017年8月時点で最新の内容となっています。 ...

記事内に目次を設置する

記事内に目次があることも、訪問者の使い勝手を考えると大切なことです。

Googleはサイトのユーザビリティを重視していますので、必ず設置するようにしてください。

特に、スマホからアクセスしてきた人にとっては、ページは縦長になりがちです。

リンク化された目次で、スマホユーザーが目的の情報にたどり着きやすくしてあげましょう。

目次設置もTable of Contents Plusというプラグインを使えば簡単です。

Table of Contents Plusの設定と使い方
この記事では、Table of Contents Plusの使い方と設定方法について解説します。 最近ではこのプラグインが入っていないブログの...

画像を軽くする

画像が重いのは致命的です。

特にスマホはPCに比べて通信環境が悪く、PCでは全く気にならない画像の読み込みに時間がかかります。

また、都市部に住んでいる人とそうでない人も通信速度が違います。

自分のスマホで表示されるからOKではなく、できる限り画像を圧縮してあげてください。

とはいえ、毎回圧縮するのは大変ですよね。

そんなときは、EWWW Image Optimizerというプラグインを活用しましょう。

この記事では、EWWW Image Optimizerの設定と使い方について解説します。 2017年8月現在、最新の内容となっています。 ...

すでにアップロードしてしまった画像も一括で圧縮してくれます。

まとめ

SEO対策は奥が深く、そして本来は非常に専門的な知識が求められる分野です。

ですから、最初は簡単にできることに取り組んで、あまり時間を割かないようにしてください。

私がセールスの仕事をしていたときに、こんな言葉を教わりました。

それは、「研究者になるな、実践者になれ」です。

自分の仕事は売ることであって、売り方の研究をすることではないという意味です。

なぜなら、成果報酬制の場合、いくら研究して詳しくなっても売れなければお金をもらえないからです。

これをアフィリエイトの世界に置き換えると、「SEO博士になっている時間があったら、コンテンツを作れ」となります。

あなたがSEOについて学んでいる時間、「どんなコンテンツを作ったら訪問者が感激してブックマークしたり、SNSで紹介したりするだろう?」と考えながら、時を惜しむようにコンテンツ作成に精を出しているライバルがいることを忘れないでください。

質の高いコンテンツを訪問者に届けて、ブログの評価を上げていきましょう。

以上、初心者でもかんたんに取り組めるSEOについて案内させていただきました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よかったら他の記事も読んでみてくださいね^^

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

人生を楽しく過ごすために、死に物狂いで頑張る

SEOに強い記事タイトルのつけ方

SEOに強い記事タイトルのつけ方

ポイントサイトでサクッと2万円稼ぐ方法

ポイントサイトでサクッと2万円手に入れる方法

質の高い記事を短時間で書く方法

質の高い記事を短時間で書く方法

新規記事の投稿方法

WordPressで新規記事を投稿する方法